ひとりごと

家庭で余っている食べ物が誰かの役に立つ。フードドライブって取り組みがあるの知ってる?

投稿日:2016年12月8日 更新日:

どうも、ゆーきです

突然ですが、フードドライブってご存知ですか?

なんでも家庭で余っている食べ物を集めて、経済的に食べ物に困っている人や施設の子供に分け与える活動なんだって!ニュースでやってた!

ざっと言うとそんな感じなんだけど、せっかくだから詳しく書いていきます!

スポンサーリンク

フードドライブとは

家庭で余っている食べ物を学校や職場などに持ち寄り それらをまとめて地域の福祉団体や施設、フードバンクなどに寄付する活動です。 日本にはなじみの薄い言葉ですが、フードバンク発祥の地、アメリカでは 1960年代から盛んに行われていると言われています。

フードドライブ|支援の方法|SECOND HARVEST(セカンドハーベスト・ジャパン)

発祥の地はアメリカです。貧困層が多いからでしょう

そんな取り組みがいま日本にも上陸して、その支援を必要としている人がいるわけですから日本も大そうなことになっていますね。そんなに日本を語れる教養があるわけではないのでこのくらいにしておきますw

ちなみにフードドライブ=食べ物運動、つまり「食べ物を集める運動」という意味になるそうです

フードドライブのシステム

フードドライブ|支援の方法|SECOND HARVEST(セカンドハーベスト・ジャパン)

一般家庭や学校、職場から余った食べ物を集めてセカンドハーベスト・ジャパン(NPO法人)ってところが仲介役になって児童養護施設・老人ホーム・ホームレスの支援団体に配給されるシステムです

えっ?食べ物って残飯なの?

なんか余った食べ物を…っていうとどうしても食べ残しとか想像しちゃうんだけど、そうじゃないんですね

具体的にどんな食べ物が寄付の対象になるのかっていうと、

  • 缶詰
  • レトルト食品
  • カップ麺
  • お米
  • お茶・コーヒー etc…

と、賞味期限が長かったり賞味期限があってないようなものだったりとなっています。さすがに食べ残しというか使いかけはまずいでしょう…

缶詰なんかは棚の奥底に眠っているのがありそうですよね!発見してもどうせ捨ててしまうなら、このような取り組みに寄付してみるのもいいかもね!

支援を受けたみんなの声

カーブス フードドライブ|カーブスからのお知らせ | カーブス

  • とてもおいしい物をいつも、ありがとうございます!!(施設 女の子)
  • いつも、いろんなものをとどけてくれてありがとうございます。(施設 女の子)
  • クリスマスの時期に食品を受け取り、思いがけないサンタクロースからのプレゼントに子供たちが喜んでいた

カーブス フードドライブ|カーブスからのお知らせ | カーブス

フードドライブ|支援の方法|SECOND HARVEST(セカンドハーベスト・ジャパン)

自分のいらなくなったもので誰かが喜んでくれるっていうのは素晴らしいことなんだけどなんかつれぇ…とても「おいしい物を~」とか「サンタクロースからのプレゼント」とか…

食べることが当たり前にできない世界があるのがよくわかりますね

日本は食品廃棄量世界トップ

環境問題を知ろう|NPO法人ネットワーク『地球村』

食べられない人がいる一方で、まだ食べられるのに捨てまくっている人もいるんですね。廃棄される食糧のうち半分は一般家庭から出てるものだって言うんだから、自分も捨ててる側なんだろうなぁ…

あ、この前もやしベチャベチャになってて捨てたわ…

なんでこんなにも捨てられるのか?

それは賞味期限に敏感になってまだ食べられるにも関わらず捨ててるからなんですって!

みなさんどうですか?賞味期限過ぎたもの食べます?

私の場合、一人暮らし始めてからは多少賞味期限が過ぎてても加熱したりして食べてるけど、実家にいたときはもう食べなかったわ!温室育ちか!

回転ずしとかも2周したら破棄するとか言ってるもんね、もったいない!サラダ軍艦ならいくらでも食ったる!!

食糧過多の日本だからなんの危機感もなく食べ物をポイポイ捨てられるんだけど、あんまりよくないよね。ちょっと反省だわ、個人的に

さいごに

偽善者ぶるつもりはないし、こういう活動があるから積極的にやろうよ!って呼びかけるつもりもないんだけど、面白い活動があるなぁって思ってさ!

「食べ物で遊ばない」「食べ物を粗末にしない」はよく親に言われてたけどまさかのオウム返しパターン!日本全体がね!

フードドライブ…

-ひとりごと
-,

Copyright© YuuuloG , 2017 All Rights Reserved.