YuuuloG

一人暮らし / 旅行 / 料理 / 趣味 etc... 誰かの役に立てることを目指して情報を発信!

【金精軒】水信玄餅食べに行ったらぷるるん!じゅわーで新食感だった!!

スポンサーリンク

6月も早いもので、残りわずかとなりました。

まだ梅雨とはいえ、連日暑い日が続いていますね。

 

私はどちらかと言えばインドア派なので、クーラーをガンガン効かせた部屋でアイスでも食べていたいんですが、今回はを求めて外に繰り出しましたよ!

信玄餅と桔梗餅

信玄餅や桔梗餅という言葉、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。

当然、食べたこともある方も多いかと思いますが、きなこと黒蜜をかけて食べるお餅です。

きなこ&黒蜜が好きの私からしたら歓喜の食べ物です(笑)

 

この2つ、名前は違えど基本的な製法や物自体は同じようです。

桔梗屋の「桔梗信玄餅」は1968年(昭和43年)発売。金精軒の「信玄餅」は1972年(昭和47年)発売。 桔梗屋が発売している「桔梗信玄餅」とは基本的に製法は同じであり、きな粉がかかった餅に黒蜜をかける点でも同じである。

最初に信玄餅を売り出したのは桔梗屋であるが、現在、「桔梗」が付かない「信玄餅」という商標を取得して売っているのは金精軒」である。

信玄餅 - Wikipedia

もっと詳しく知りたい方はWikiで。

水信玄餅ってなに?

さて、本題の水信玄餅です。

餅と言うからには、米粉とか餅粉とか使われていそうですが、成分はなんと水と寒天のみ!

しかも寒天は少量しか使われていないとのことで、ほぼ水です(笑)

食べ方は、通常の信玄餅と同じで、きなこと黒蜜でいただきます。

寿命は30分!

この水信玄餅、とっても繊細で30分しか命が持ちません。

なので持ち帰りはできませんし、通信販売もしていません。

幻の餅です(笑)

6~9月の土日限定&数量限定!

さらに、期間限定なうえに土日のみの取り扱い。

数にも限りがあるという、まさに幻の餅(2回目)です。

 

詳しくは金精軒のHPをご覧ください。

kinseiken.co.jp

水信玄餅を求めて

本日の出発地点は大月です。

ナビ

下道で行きます。

1時間くらいで着くだろうと思っていたらなんと約2時間!

予想外でした…

 

水信玄餅を取り扱っているお店は、

  • 金精軒台ヶ原本店
  • 金精軒韮崎支店

の2店舗のみです。

大月から行く場合は、韮崎支店の方が近いので本日はそちらにお邪魔します。

 

結構みんな本店に行くようなので、韮崎支店は穴場かもしれませんよ!

 

ナビの予定時刻通り、11時ごろに到着。

この頃、本店は売り切れていたようです。

 

急いでお店の中に入ると信玄餅の試食が!

いただきました(そんなことしてる場合じゃない)

試食

まぁ、なんとか間に合ったみたいです(笑)

価格は300円です!

整理券をもらって外で待ちます。

ろく(6)番、裏面には気遣いの言葉が。

番号札

向かいは工場になっています。

工場

とても自然豊かです。

自然豊か

反対側にはイエローハット。

トイレ貸してもらいました(笑)

店内にトイレがなかったんですよね…

イエローハット

待つこと約50分…

 

ついに水信玄餅とご対面です。

ぷるんぷるんで癒されます(笑)

冷たい緑茶も付いています。

水信玄餅

 

ジュシッ!ぎゃああああ!

スプーン投入

 

きなこと黒蜜を絡めて頂きます。

黒蜜ときなこのコラボ

口に入れた瞬間、じゅわ―っと溶けます。

餅と言うよりはゼリーですね、見た目通り。

を感じられて、とてもよかったです!!

 

気になった方はぜひ、立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

立ち寄るというよりは、気合入れて早く行った方がよさそうですが(笑)

 

以上、ありがとうございました