読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

YuuuloG

一人暮らし / 旅行 / 料理 / 趣味 etc... 誰かの役に立てることを目指して情報を発信!

小さなルールを変えることですら、ものすごく大変!その労力を考えたら現状維持が一番だった【会社】

社会
スポンサーリンク

世の中には守らなければいけないルールが無数にあります。その多くは無意識に守っていることが多い(当たり前になっている)と思います

 

しかし、会社勤めをしているとルールに縛られてるなぁと思うことが非常に多い!
決められた手順でやる!決められた場所に置く!
ルール、ルール、ルール…

 

それがイコール安全や品質に関わることなので、会社という組織に属している限りルールに縛られることはしょうがない!というか受け入れなければいけないことですよね?


ただ、決められたルールを守るというのは「ルールを変えること」からしたらよっぽど簡単だと思うのです

ルールを変えられる側の人間になった

change

ルールを使う・守る側の人間として今まで生活してきました
身近なところで言えば交通ルールや校則が思い浮かびます。そのルールを変えたいと思ったことは私自身今まで一度もありませんが、もし、変えたいと思っても自分ではどうにもならないものです


校則を学生が決めたら無法地帯の出来上がりですし、権限ある人が決めることで初めてルールとして成り立つんですよね

 

ただ、会社だと違います。ルールを自分で変えることができます。ようは変える権限を与えられるんですね

 

当然、会社全体のルールを変えるともなるとそれなりの地位がないと出来ないことですが、自分が担当していることに関しては自分で変えることができます。むしろ、現状に合わせて変えていく必要があります

 

「ルールに従う人間」から「ルールを変える人間」になったわけです

 

一人で完結できる仕事ならルールは簡単に変えられるんだけど…

自己完結型の仕事であれば勝手に変えても文句を言う人はいないはず…従来通りのやり方に納得いかなければ自分のやりいいように変えるだけです
ただ、「自分がわかってるからいいや」ではいけないのが会社というところでもあります


「だれがやっても同じような結果が得られる」というところを会社は求めています。そうなると、手順化して残しておく必要があります。当たり前ではありますが、これを確実に行えるか否かで、「古いやり方に捉われて取り残される」か「時代に適応して成長する」かが分かれると思っています

 

簡単に変えられるとは言いましたが、これでも結構な労力です…
できる・できないではなくてめんどくさくてあまりやりたくないです。私は…

なので私は取り残されて終わりの側ですw

他人・他部署を巻き込む仕事だととてつもない労力がかかる

4M変動

だいたいの仕事がこっちになると思うんですよ。結局自分で完結できる仕事なんてそうそうないのが現実!


1工程の担当者なら後工程があるし、間接部門であれば現場全体を巻き込むことにもなりうる。こうなると何かひとつ変えようとするのも容易なことではありません…

 

実際に私にあったことですが、作業の中に変えられそうな部分がありました
内容としてはプログラムの修正で非常に小さいことでした。しかし、変えることで工数の短縮とミスのリスクが軽減できるような事柄です。間接部門内では整合が取れて、装置的にも読み取り可能だし変えても問題ないということでまとまっていました

 

現場ではその修正されたデータを使う側になるので、“一応”変えますよってことを連絡することに…これが「こと」を大きくしてしまう発端でした…

 

裏が取れてますので変更しますという連絡をすると、古い装置・新しい装置両方で検証したのか?1ロットだけでは足りない!4M(人・方法・材料・機械)変動させて同じ結果が得られるのか?etc…

 

言われてみるとその通りなんですが、そこまでやらなくても結果出てるんだけど…

やり取りをしたのは現場の管理職。万が一この変更で不具合が起きたら責任を負うことになるのはおそらくこの人…あらゆるリスクを避けたい気持ちをひしひしと感じました。(正しいことではあるんですけどね)

 

このやり取りを通して現場が現象を理解してない(しようとしない)こともよくわかりました。正直がっかりです。「会社のために」ではなくて「自分の責任を逃れるために」を選んだようにしか思えなかったので…

 

その労力を考えたら現状維持でよくなった

結局1だったことが10まで膨らんでしまい、そこまで検証して得られる結果がこんなちっぽけなことでは…ってことで現状維持の方向に収束してしまいました


会社の体質的な部分もありますが、安定している現状を変えることは、たとえ問題ないという裏付けが取れていても、とてつもない労力が必要になるようです…
「変えたければ変えればいいじゃん!」と一筋縄ではいかないのが会社に属することのもどかしさですね

さいごに

成長

出世する人としない人では「現状を変えることができるか否か」が違うんでしょう!
私のように途中でめんどくさくなって投げ出すようではダメですね…

よく言われていますが、めんどくさい仕事を率先してできる人は伸びるっていうのはまさしくその通りですね!

 

効率ばかりを求めるのはよくないですが、掛ける労力以上の結果を残せるように行動したいものです…あとは他人を動かすプレゼン力!

これが今後の課題です